URLが変わりました

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも金森です。なんとURLが変わっちゃいました。いろいろとありまして。ええ。
新しいURLはhttps://melancholic-paradox.jp/です。ブックマークなどしてくださっている方は変更よろです。

なんとも言い難いタイミングで風邪をひきました。おそらく月ヶ瀬とともに行った耳鼻科が原因です。「一緒にいって風邪もらってくるのが一番怖い」と言われていたのにもらってきちゃいました。うわぁん。
寒気と吐き気と無限の食欲と際限ない眠気に襲われています。
咳とか熱とははないんですけど頭が痛いのです。しかし熱がないので痛み止めをあんまり飲めないので苦しいです。

お仕事のご依頼を受けたいなー、と思い、何をどうしたらそういうことができるのかを考えております。
どうやったら何ができるかな、とかどうしたら良いサービスになるかな、などと迷っています。その最中が楽しいです。いざご依頼を受けたらビビると思います。

ゲームの方も鋭意制作中です。このままいけば2~3か月内にはできるんじゃないでしょうか。スクリプト入れながら書くのは難しいですが、とにかく面白いです。

匣maniaとしての活動をそろそろ活発にしなくてはな、と思っています。
やるぞー、超やるぞー、と意気込んでいます。

今からはまたしばらく、ゲームを作ったりゲームを作るための勉強をしたりしようと思います。

では、今日の目標が見えたところで。

金森でした。

COMITIAが終わりましたね

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。
とうとうCOMITIAが終わってしまいました。次のイベントまで結構な時間があります。COMITIAロスになってます。これから何したらいいんだろう。

これから何したらいいんだろう、とか言っておきながら、次にやりたいことは決まっています。
ゲーム制作です。
今年は新人賞に寄稿という目標を立て、ひとつ実現させました。もう一本くらい新人賞に寄稿したいのでそれもそれで頑張りますが、今度はやりたいことをしこたまやってから書いてやろうと思っています。

ティラノビルダーというものを入手しました。ノベルゲームやサウンドノベルを作ることができるソフトです。
これならスクリプトを(そこまで詳しく)書かなくてもゲームが作れます。やったねあきらりん! やること増えるよ!

現在、友人と作っているものも含めいろんなものを鋭意制作中です。
小説、ゲームの二種類だけのはずなんですが、毎日のToDoへの書き込みは多く、なんだか忙しいです。おかしいなぁ。

次のイベントは5月6日の「第二十八回文学フリマ東京」です。
まだスペース番号は出ておりませんが、無事出店が確定しております。

さらにその次はCOMITIA128です。こちらは5月の12日。こっちはあんまりぼくは関係ないですが凛ちゃんがイラスト本を出したがっていますね。
なので、ぼくの時間だけでなく凛ちゃんの時間も作ってあげなければなりません。
時間がない。

忙殺死体型金森璋。

では、無事に死体になったところで。

金森でした。

やっぱりゲームは好きですね

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。この挨拶、何度目になるんだろ。すっかり定番になりました。

今回は近況ばっかり書こうと思います。なんかもう、創作は、ほら、ちょっと、ねぇ……(スランプ)。

今日の夜中にようやっと鬱から抜けて、こうしてブログを更新できるほど回復いたしました。しばらくの間、ネットに出没しては潜り出没しては潜りを繰り返していましたが、結局やっぱり創作がしたくてこうしてキーボードで文字を打電しているわけであります。

ゲーム会社に勤めたいという思いがちょっとだけ強くなりました。
ゲームを作りたい、というよりは新しい世界が知りたい、に近いのですが。
プランニングからシナリオまで一通り自分でやってみて、ポートフォリオみたいのを作って在籍していた学校の講師の方に見せようかと考えております。
それで巧いこと就職までこぎつけられたらいいなぁ、なんて甘っちょろいことを考えております。

書類仕事は苦手です。しかしそれは月ヶ瀬が全力でサポートしてくれるという言葉を交わしてくれているので、少し安心しています。
本当に書類は苦手です。まず文字を書くのが苦手なんです。

ぼくは学習障害、ジスレクティアというものを持っているらしく、文字を書くことが著しく苦手です。
幸いなことに文字を読む分には(カウンセラーが言うには天才的に)読めるのですが、書くとなるとてんで駄目です。文字の中の線を何本引いたらいいか、どこで跳ねてどこで止めるのか、文字と文字の隙間はどれくらいなのか、造りとへんはどうすれば巧く書けるのか……ううむ、考えるだけで頭痛が。
それぐらい苦手なのです。自分の名前すら真面目に書けません。一生間違ったまま過ごすと思います。

働くことは苦ではありません。むしろ、タスクがあるほうが日常を暮らしやすい気がします。しかし、ぼくは外に出ることがかなりの苦痛なので、できれば在宅で仕事ができる環境を整えたいと思っている次第であります。
自宅の作業環境は非常に良好で、三窓+タブレット、ディスコードは立ち上げっぱなし、なんならスカイプもあるし固定電話も引こうと思えば、といった具合です。
そうなると、あとは本当に在宅で働くだけなんだなぁ、何ができなくて何が出来るのかなぁ、などと考えてしまいます。

楽しいことが大好きです。ゲームも楽しいので大好きです。作るのも、プレイするのも。
ゲームを作っている最中でも、小説は書けるし書きたくなるし、ゲームシナリオだけにかまけていなくても良い環境にあることは解っているので、まあ、就職しても楽しくやるのでしょう。たぶん。

さて、長くなってまいりましたので今回はこの辺で。

では、金森でした。

マストドンやってます

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。今日も寒いですね。手がかじかんで巧くタイピングできない現象が……冷たい……。

そういえば言っていなかったなー、ということをおひとつ。
マストドン、やってます。
はこます! というインスタンスでぽちぽちぼそっと呟いております。意外と長い文章が呟けるのですが、あんまり長い文章は打ち込んでません。500字小説をたまに書く程度です

はこます! 金森璋のアカウント。

こちらからリモートフォローしていただければ、ぼくのトゥートがぼそぼそタイムラインに流れます。ちなみにフォローは基本返してますので、気になりましたらぽちっと押してみてください。

さて、近況。
一昨日、久々にブレーカーが落ちました。原因は「金森の足元」「月ヶ瀬の足元」「ドライヤー」です。遊眞のつけたドライヤーがトリガーでした。
昨日、なんと総計20時間ほど寝ていました。ぼくは体内で毒の消化でもしてるんですかね。
今日はとにかく寒いです。久々にキーボードを打つ時に手袋をしてやろうかと思いました。しないけど。
そんな感じですかね。

では、金森でした。

【て48a】お品書きができました【ティア127】

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。
此度、COMITIAのお品書きができましたのでそちらをここに載せてみようかと思います。

こんな感じとなっております。
新刊はありませんが、ブースにお立ち寄りいただいた際には、是非とも140字SSの方をご注文ください。金森が誠心誠意真心こめて書かせていただきます。

さて、近況。
とうとう、今期の原稿を始めました。タイトルは『別次元―無いはずの世界―』です。別次元は「ロスト」と読みます。面白いものにしようと思っていますが、なにせ初めての現代ファンタジーなもので、どこまで頑張れるかはわかりません。でも頑張りたいなーと考えているので、どうか賞のひとつにでも掠りますようにと願っております。

ちょっと前からカレーが食べたいのですが、家にめぼしい野菜がありません。でも玉葱と豚肉だけで十分美味しいかもしれないので作ってみようかな。
あと大相撲が楽しいです。毎日のように見てます。

それでは今日はこの辺で。
金森でした。

こんにちは新世界

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。珈琲を飲み過ぎて気持ちが悪いです。カフェイン中毒恐ろしい。

新しい小説を書き始めました。なんと現代ファンタジーです。現代ファンタジーです……現代ファンタジーです!
さすがに自分でも三度見しました。今まで手を出してこなかった現代ファンタジーです。なんだろう、この、よそ様感。まだ自分の身に起こっていると信じられないです。ていうかあんまり信じたくないです。信じたら書けなくなりそうだし。

えー。こほん。今回のこの小説は、MF文庫Jライトノベル新人賞第4期予備審査に寄稿しようと考えています。
つまりそれまでに書ききらなくてはなりません。時間との闘いです。
しかし、時間に追われながら書くことが、今のぼくにとって楽しくて仕方がありません。
ぼくは物書きが本当に好きなんだなぁと思う瞬間であります。

こんなことをしているとですね。既存の連載や趣味で書いている小説が少しばかりおろそかになってしまうわけですよ。
というよりも、おろそかにしないと新人賞に応募するだけの小説を書けない状態にあります。
というわけで、【Michele=Undergroundの惨憺たる日々】は少しの間お休みをいただくことになりそうです。
ミシェルさんのことが嫌いになったわけではないし、連載をやめるつもりもないので気長に待っていてくだされば幸いです。

そんなぼくですが、イベントには参加します。
COMITIA127に参加します。再三言っている気がするなこれ。
既刊ばっかりになりますが、新たな読者との出会いを求め西ホールに出展します。
紙の本でしか作っていない小説もあるので、気になるなー、という方はブースに足をお運びくださるとぼくが喜びます。

では、今日も筆が進むよう祈りながら。
金森でした。

すっかり遅くなりましたが

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。ことしも何卒、よろしくお願いします。

さてさて、とうとう届きましたよ、モバイルプリンター!

こちらのプリンターで140字SSを書きまして、印刷してお渡しするという企画、「あなたのために140字小説かきます! 企画」を始動させることができるようになりました。
詳しいお品書きやルール等は、今後、記事として更新していきますのでよろしくお願いします。

また、BOOTHでの販売も開始しましたので、そちらの方も色々と記事や固定ページに特設をしようと思っています。
お買い上げくださいましたら、コメントをおひとつ頂ければお返事をしに飛んでまいります。

それでは、今日はこの辺で。
金森でした。

めりーくりすます~

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。どうも、金森です。
クリスマスイブですね。何でか速攻でクリスマス商戦が始まっておりお昼には30%オフのケーキが売ってました。美味しかったです。

さて、今日はクリスマスですね。鶏虐殺日です。生まれて数か月しか経っていない若い雄鶏を栄養たっぷりの餌で肥え太らせてさくっと殺りまして美味しくいただく日です。
今日のメニューは唐揚げです。こんなこと言いながら鶏肉食べられる自分、本当どうにかしてる。

クリスマスが過ぎたらお正月、お正月が過ぎたらバレンタイン。なんだか冬は忙しいですね。
そんな中、ぼくは来月、誕生日を迎えます。
いやだからなんだってわけではないのですが。戦国時代なら人生折り返し地点だし平均寿命から考えれば3分の1だし四半世紀も過ぎるというわけなので、ちょっとばかし感慨深いなと。

それでは、きょうはこの辺で。

メリークリスマス。金森でした。

ひと段落付きました

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。やっとこさひと段落つきました。はぁ。



MF文庫Jライトノベル新人賞第三期予備審査、寄稿しました。
寄稿タイトルは「魔女は予鈴に呼ばれない」です。ええ、あれです。以前ぼくがcomicoで連載しておりましたあれでございます。
今回、それをしっかり書き直してさらに色々と世界観を見直し、ライトな文芸に進路変更して寄稿しました。
どうかなぁどうかなぁ……。

何かと思い入れのある小説です。
この小説は、もとは僕が学生時代に思いついたもので、そのときから二転三転して今に至る、というものなのですが。その分一緒にいたということで。
もうヒロインの子(理宮真奈ちゃんといいます)が可愛くて可愛くて愛おしくて……「書き終わっちゃう!!!! 書き終わっちゃう!!!! 別れたくないけどラストは読みたい!!!! でも書き終わるの嫌!!!!!!!」とか言いながらなんとか書き終わり、なんとかなりました。

次に書く小説もなんとなく構想が出来ております。
既存の【Michele=Undergroundの惨憺たる日々】についても、大筋とその先の原稿の行方が決まってきました。
それを考えると「止まるんじゃねえぞ……」という感じです。

さてさてこれからの生活は、そして来年はどんな年になるのか。
色々わかりません。
今回はこの辺で。

では、金森でした。

さらにカクヨムコン参加してます

こんにちは、こんばんは。初めまして、あるいはまたお会いしましたね。
どうも、金森です。今日も寒いです。装備をひとつランクアップさせました。

さて、この度さらにカクヨムコンに小説を寄稿してまいりました。

彼は喜び、悼み、憂い、楽しみ、日々を悠々と生きている――
Valerian=Undergroundの悠々たる一日
花屋と葬儀屋の二つの顔を持つ男、ヴァレリアン=アンダーグラウンド。
彼の、人となりに迫る物語。
【Michele=Undergroundの惨憺たる日々】のスピンオフ小説です。

世界の夢は現実よりも美しい――是か、否か。
死にたがり青年と殺戮少女―世界の夢を二人は見るか?―
青年、笹塚星彦は死にたがりである。
少女、吉良織姫は殺したがりである。
二人が出会ったとき、世界が見るのは夢か、現か。

以上のふたつです。
上から恋愛部門、キャラクター部門の参加となっております。

皆様からの応援をいただけるよう、精進して参ります。

では、金森でした。